「高校生未来サポート奨学金制度」を新たにスタートします

チラシ表 高校生が、家庭の経済的事情に制約されず、学びたいことを学び、チャレンジしたいことに精一杯チャレンジできるようにするためには、学費のみならず、留学や部活動の費用、進学などの資金が必要となるケースがあります。特に、私学は多彩な自主活動や、特色ある部活動が魅力で学校を選択する生徒も多く、こうした部分を支援する必要性はこれまでもありましたが、実際は支援できる金額も年額12万円と少なく、十分に助けになりませんでした。そのために、部活動から退部したり、修学旅行に行けなかったり、留学の費用を稼ぐためにアルバイト漬けになり、学習面に支障をきたすケースもこれまでもありました。

 また、次の大学や短大、専門学校などステップにすすむために、受験料やそれにかかる費用、入学金や初年度納付金など、次の進路にすすむために「高校在学時に必要なお金」が足りずに、進学を諦めるケースもあり、その相談がよせられたこともありましたが、高校の学費の奨学金がそもそもの目的であり、また金額も足りないために、なかなかニーズに答えられなかった現実もあります。


 チラシ裏そこで、「一般財団法人本州サポートセンター」からの寄付を財源に、新しい奨学資金制度「高校生未来サポート奨学金」を創設しました。これまでの学校生活を送るための必須資金となる「学費」の助成をこれまでの奨学金で支援しつつ、高校生たちが未来のための積極的チャレンジをサポートします。

 

 

 

 

 

<高校生未来サポート奨学金>

 これまでの年間12万円の奨学金に「併用」して申請できます。

 

 〇抉臑仂

 ・家庭の経済的事情により、何らかの学びの機会やチャレンジの機会が得られなくなるおそれのある生徒

 

◆〇藩冖榲

 ・高校生たちのチャレンジをサポートするために、在学中の留学、部活動など、高校生活の学業に付随する費用(「進学塾」は除く)を支援する。

 ・高校生たちが、進学準備にかかる費用(受験費用と、進学後の初年度の半期分程度に必要な費用。

 

 奨学金金額

 (奨学金貸与型)10万円〜60万円(貸与型)

 

ぁ’間予算総額

  700万円

 

ァ(嶌冓法

  貸与型については、無利子で就職後に、少しずつ返済できる。特に返済期限は設けない。

 

Α/該

使用目的を書き、書類受付後、面接を行い、審査委員会を経て決定する。

 

А/柔訴法

申請書に必要事項を記入して、学校を通して申請する。

申請書については近日中にホームページ上で公開します。もうしばらくお待ち下さい。

 

 

 

  • 2020.07.03 Friday
  • 08:00

コロナ禍による家庭の経済状況の急変に対応します

コロナ禍によって、景気の悪化状況が報道されていますが、そのなかで職を失ったり、収入が激減したりと、家庭の経済状況の急変が予想されております。2009年頃のリーマンショックのおりにも、奨学金の申請者が急増しました。

私たちは、経済的理由によって学校を辞めなくてはならなかったり、いま取り組んでいる学びやチャレンジを諦めなくてはならない状況になることを防ぐことを目的にしている財団です。

愛知私学奨学資金財団は、家庭の経済状況の急変にも対応いたします。

また、今年度は、大学等の進学や留学、部活動などにも活用できる新しい奨学金制度もスタートする予定です。
学びやチャレンジを最初から諦めることなく遠慮なくご相談くださいませ
TEL 052−881−8475
  • 2020.05.26 Tuesday
  • 19:11

令和2年度の奨学生募集について

令和2年度の奨学生を募集しています。

 

募集の概要は以下の通りです。一次締切は6月30日に設定していますが、その後も随時受け付けます。新型コロナウイルス感染症等の影響による直近の経済状況の急変にも対応しますので、ぜひご相談ください。

 

 

要項のダウンロードはこちらです。

 

1.募集人員

80名程度

2.応募資格

愛知県下に所在する私立高校に在学し、経済的理由により修学が困難な者。

3.貸与の期間

1カ年間(ただし、次年度での再出願を妨げない)

4.貸与金額

年額120,000円

5.出願の手続

1)奨学金の貸与を希望する者は、つぎに掲げる書類を在学高校の校長に提出し、その推薦を受ける。

 □奨学生採用願書(第1号様式)

 □奨学生推薦書(第2号様式)

 □市町村発行の課税所得証明書

2)校長は実情を調査の上、適当と認められる者について奨学生推薦書(第2号様式)を作成し、前項の書類とともに財団事務局へ提出する。

3)財団が必要と認めるときは、前項に掲げる以外の書類を添付させることがある。

6.奨学生の採用

奨学生の採用は、奨学生選考委員会の選考を経て財団理事長が決定し、その結果を、学校長を通じ本人に通知する。

7.奨学金の交付

採用決定後、一括して交付する。交付は本人に銀行振込にて送金する。

8.返還方法

1)基本として、高校卒業後6ヵ月間を据え置いたのち、同年10月から月々10,000円ずつの月賦返還とする。

2)以下のような事由があるとき、願い出により返還期間を猶予できる。

 \賁膤惺察β膤悄β膤惘‥に進学するとき。

 ∈匈押傷病などにより返還が困難なとき。

 その他真にやむを得ない理由によって返還が著しく困難なとき。

3)基本の月賦金額で返還が困難であるとき、願い出により減額することが可能である。減額返還は、月賦金額を減額するもので、返還総額が減額されるものではない。

4)月賦金額の増額や一括返還も可能であり、その場合は願い出を必要としない。

9.返還の免除

死亡、不具疾病、その他特別の理由のあるときは、奨学生選考委員会の議を経て奨学金の全部または一部の返還を免除する。

10.応募締め切り

2020年6月30日(火)

但し、この締切後も、家庭の経済的事情の急変等により随時応募を受けつけます。新型コロナウイルス感染症の影響等での直近の急変もご相談ください。

11.選考結果通知

随時

12.奨学金の貸与

随時

13.申し込み及び問い合せ先

公益財団法人愛知私学奨学資金財団事務局

名古屋市熱田区沢下町8番4号 TEL:(052)881─8475

  • 2020.04.24 Friday
  • 15:18

平成30年度の奨学生募集について

平成30年度の奨学生を募集しています。

 

募集の概要は以下の通りです。

 

要項のダウンロードはこちらです。

 

1.募集人員

80名程度

2.応募資格

愛知県下に所在する私立高校に在学し、経済的理由により修学が困難な者。

3.貸与の期間

1カ年間(ただし、次年度での再出願を妨げない)

4.貸与金額

年額120,000円

5.出願の手続

1)奨学金の貸与を希望する者は、つぎに掲げる書類を在学高校の校長に提出し、その推薦を受ける。

 □奨学生採用願書(第1号様式)

 □奨学生推薦書(第2号様式)

 □奨学金振込口座届(第3号様式)※本人名義の口座に限る。

 □市町村発行の課税所得証明書

2)校長は実情を調査の上、適当と認められる者について奨学生推薦書(第2号様式)を作成し、前項の書類とともに財団事務局へ提出する。

3)財団が必要と認めるときは、前項に掲げる以外の書類を添付させることがある。

6.奨学生の採用

奨学生の採用は、奨学生選考委員会の選考を経て財団理事長が決定し、その結果を、学校長を通じ本人に通知する。

7.奨学金の交付

採用決定後、一括して交付する。交付は本人に銀行振込にて送金する。

8.返還方法

1)基本として、高校卒業後6ヵ月間を据え置いたのち、同年10月から月々10,000円ずつの月賦返還とする。

2)以下のような事由があるとき、願い出により返還期間を猶予できる。

 \賁膤惺察β膤悄β膤惘‥に進学するとき。

 ∈匈押傷病などにより返還が困難なとき。

 その他真にやむを得ない理由によって返還が著しく困難なとき。

3)基本の月賦金額で返還が困難であるとき、願い出により減額することが可能である。減額返還は、月賦金額を減額するもので、返還総額が減額されるものではない。

4)月賦金額の増額や一括返還も可能であり、その場合は願い出を必要としない。

9.返還の免除

死亡、不具疾病、その他特別の理由のあるときは、奨学生選考委員会の議を経て奨学金の全部または一部の返還を免除する。

10.応募締め切り

2018年6月30日(金)

但し、この締切後も、家庭の経済的事情の急変等により随時応募を受けつけます。ご相談ください。

11.選考結果通知

随時

12.奨学金の貸与

随時

13.申し込み及び問い合せ先

公益財団法人愛知私学奨学資金財団事務局

名古屋市熱田区沢下町8番4号 TEL:(052)881─8475

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 15:49

平成29年度の奨学生募集を開始しました(締め切り6月30日)

平成29年度の奨学生を募集しています。

 

募集の概要は以下の通りです。

 

要項のダウンロードはこちらです。

 

1.募集人員

87名

2.応募資格

愛知県下に所在する私立高校に在学し、経済的理由により修学が困難な者。

3.貸与の期間

1カ年間(ただし、次年度での再出願を妨げない)

4.貸与金額

年額120,000円

5.出願の手続

1)奨学金の貸与を希望する者は、つぎに掲げる書類を在学高校の校長に提出し、その推薦を受ける。

 □奨学生採用願書(第1号様式)

 □奨学生推薦書(第2号様式)

 □奨学金振込口座届(第3号様式)※本人名義の口座に限る。

 □市町村発行の課税所得証明書

2)校長は実情を調査の上、適当と認められる者について奨学生推薦書(第2号様式)を作成し、前項の書類とともに財団事務局へ提出する。

3)財団が必要と認めるときは、前項に掲げる以外の書類を添付させることがある。

6.奨学生の採用

奨学生の採用は、奨学生選考委員会の選考を経て財団理事長が決定し、その結果を、学校長を通じ本人に通知する。

7.奨学金の交付

採用決定後、一括して交付する。交付は本人に銀行振込にて送金する。

8.返還方法

1)基本として、高校卒業後6ヵ月間を据え置いたのち、同年10月から月々10,000円ずつの月賦返還とする。

2)以下のような事由があるとき、願い出により返還期間を猶予できる。

 \賁膤惺察β膤悄β膤惘‥に進学するとき。

 ∈匈押傷病などにより返還が困難なとき。

 その他真にやむを得ない理由によって返還が著しく困難なとき。

3)基本の月賦金額で返還が困難であるとき、願い出により減額することが可能である。減額返還は、月賦金額を減額するもので、返還総額が減額されるものではない。

4)月賦金額の増額や一括返還も可能であり、その場合は願い出を必要としない。

9.返還の免除

死亡、不具疾病、その他特別の理由のあるときは、奨学生選考委員会の議を経て奨学金の全部または一部の返還を免除する。

10.応募締め切り

2017年6月30日(金)

但し、この締切後も、家庭の経済的事情の急変等により随時応募を受けつけます。ご相談ください。

11.選考結果通知

随時

12.奨学金の貸与

随時

13.申し込み及び問い合せ先

公益財団法人愛知私学奨学資金財団事務局

名古屋市熱田区沢下町8番4号 TEL:(052)881─8475

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 17:37

平成28年度の奨学生募集について

平成28年度の奨学生を募集しています。

 

募集の概要は以下の通りです。

 

要項のダウンロードはこちらです。

 

1.募集人員

約100名

2.応募資格

愛知県下に所在する私立高校に在学し、経済的理由により修学が困難な者。

3.貸与の期間

1カ年間(ただし、次年度での再出願を妨げない)

4.貸与金額

年額120,000円

5.出願の手続

1)奨学金の貸与を希望する者は、つぎに掲げる書類を在学高校の校長に提出し、その推薦を受ける。

 □奨学生採用願書(第1号様式)

 □奨学生推薦書(第2号様式)

 □奨学金振込口座届(第3号様式)※本人名義の口座に限る。

 □市町村発行の課税所得証明書

2)校長は実情を調査の上、適当と認められる者について奨学生推薦書(第2号様式)を作成し、前項の書類とともに財団事務局へ提出する。

3)財団が必要と認めるときは、前項に掲げる以外の書類を添付させることがある。

6.奨学生の採用

奨学生の採用は、奨学生選考委員会の選考を経て財団理事長が決定し、その結果を、学校長を通じ本人に通知する。

7.奨学金の交付

採用決定後、一括して交付する。交付は本人に銀行振込にて送金する。

8.返還方法

1)基本として、高校卒業後6ヵ月間を据え置いたのち、同年10月から月々10,000円ずつの月賦返還とする。

2)以下のような事由があるとき、願い出により返還期間を猶予できる。

 \賁膤惺察β膤悄β膤惘‥に進学するとき。

 ∈匈押傷病などにより返還が困難なとき。

 その他真にやむを得ない理由によって返還が著しく困難なとき。

3)基本の月賦金額で返還が困難であるとき、願い出により減額することが可能である。減額返還は、月賦金額を減額するもので、返還総額が減額されるものではない。

4)月賦金額の増額や一括返還も可能であり、その場合は願い出を必要としない。

9.返還の免除

死亡、不具疾病、その他特別の理由のあるときは、奨学生選考委員会の議を経て奨学金の全部または一部の返還を免除する。

10.応募締め切り

2016年6月30日(金)

但し、家庭の経済的事情の急変等により随時応募を受けつける。

11.選考結果通知

随時

12.奨学金の貸与

随時

13.申し込み及び問い合せ先

公益財団法人愛知私学奨学資金財団事務局

名古屋市熱田区沢下町8番4号 TEL:(052)8818475

  • 2016.05.10 Tuesday
  • 16:27

情報公開のPDFを更新しました

平成26年度の事業報告書、決算書と平成27年度の事業計画と予算書などのPDFを公開しました。
  • 2015.07.01 Wednesday
  • 10:22

愛知私学奨学資金財団のHPをリニューアルしました

長らく古いままであった愛知私学奨学資金財団のホームページをリニューアルしました。

財団に集まる今年度の募金・寄付金額なども表示されるようになっています。

今後とも引き続き、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。
  • 2015.06.01 Monday
  • 10:19

1

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

新しい記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

  • 愛知私学奨学資金財団のHPをリニューアルしました
    H FUJII

リンク

プロフィール

書いた記事数:9 最後に更新した日:2020/07/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM